尺八を買取いたします。

尺八を買取いたします。
2020年1月9日

いちのやでは、尺八を高価買取いたします。

本日は、 日本古来の木管楽器である『尺八』をご紹介いたします。

■尺八について

日本の伝統的な木管楽器である尺八は、真竹の根元を使い7個の竹の節を含むようにして作り、手孔は前面に4つ、背面に1つという造りが一般的です。
尺八という名称は、標準の管長が一尺八寸(約54.5cm)であることが由来とされています。
竹を素材にしている事から演奏者の間では単純に「竹」と呼ばれる事もあり、海外では「Bamboo Flute」や日本名の「shakuhachi」と呼ばれる事もございます。

尺八の起源は様々な説がありますが、有力な説は、中国の唐初期の貞観年間に「呂才」が考案されたと言われていました。
日本に尺八が伝わったのは、7世紀末から8世紀前期と言われ、東大寺の正倉院には六孔三節の古代尺八が納められています
鎌倉時代、尺八の前身である一節切という縦笛が登場し、武家社会で流行しましたが、時代の流れとともに一節切も廃れてしまいました。
江戸時代中期には、虚無僧である黒澤琴古が、日本各地に伝わる尺八の曲を集め、行脚の時に吹く物として尺八が用いられます。この頃は、幕府の法度によって一般の者は、尺八を吹く事は許されず、隠れて吹いていた人などもいたそうです。
明治時代、新政府により普化宗の特権が廃止されたことで普化宗が解体され、一般人も尺八を吹く事が出来るようになり、それ以降は様々な流派が誕生した事により、多くの曲が作られ、尺八は誰でも自由に吹ける楽器として広く愛好されるようになりました。
その後、大阪の尺八奏者中尾都山らの活躍により、尺八は芸術音楽として発展しました。現在では、琴古流と都山流が尺八の二大流派となっています。

■尺八の制作工程について

尺八は竹でできていますが、古く硬い竹を伐採し、火で炙り竹の中の油を抜き、天日でよく乾燥させ、さらに数年寝かせてから加工に取り掛かるという工程を経て制作されます。

素朴な音色が魅力の尺八は、自然の真竹一本から一本の尺八が作られるため、全く同じものは世の中に二本と存在せず、昔は一本の竹を切断しない延管が主流でしたが、現在では、一本の竹を中間部で上下に切断して繋げられるように加工した中継ぎのある尺八がほとんどとなっており、この中継ぎは籐や銀や金などで化粧が施されています。

天然の竹が使われている尺八の保存は難しく、適切な環境で保管されていない場合はヒビなどが入ってしまいます。冬場など湿度が低い状態ではヒビ割れなどになる可能性が高く、エアコンなど直接風が当たる所や直射日光に当てずに保管する必要がございます。夏場は、カビが生える場合もございますので、こまめな空気の入れ換えが必要です。また、竹の採集時期が悪かったものや油抜きの未熟なもの、天日干しが不十分なもの、保管状態のよくないものなどは、虫喰いにあう場合もございますので注意が必要です。

■尺八の査定について

尺八の査定は「工房や作者の銘」「状態」「中継ぎと歌口の素材」「竹の素材」「年代」などによって買取額が左右されます。
有名製管師や工房の銘がついた尺八、歌口の部分に金・銀などが使用され金巻、銀巻なっているもの、中継ぎの巻部分に銀や金などが使用され銀継、金継になっている尺八、江戸時代など骨董価値のある時代の古い尺八などは高価買取が期待できます。
また、尺八ケースや尺八袋なども買取対象となります。
詳細のわからない尺八でも、知識を持った査定士がお客様のお品物を丁寧に査定いたしますので、お気軽にご相談下さい。

■製管師・尺八工房一例

青木鈴慕、井上重志(江雲銘)、井上重美、井上翠光、永廣真山、小沢絶外、岡寺竹勇、大井如水、島原帆山、納富寿童、三浦琴童、引地容山、小林一城、玉井竹仙、山本邦山、山口五郎、荒木古童、荒木竹翁、荒木真之助、荒木梅旭、北原篁山、黒沢琴古、一城銘、泉州尺八工房(泉州銘)、井上尺八工房(井上昌山)、竹治尺八工房など

■買取対象の尺八の流派

琴古流、都山流、上田流、竹保流、明暗流(虚無僧)など

【尺八の買取について】

尺八の買取をご希望の際には、お電話(0120-274-888)もしくウェブサイトのお問い合わせフォームよりご相談下さい。
いちのやでは、尺八の他、笙や三味線などの和楽器や骨董品、美術品などの買取のご相談も大歓迎です。
年間に多くの尺八等の和楽器の買取を行っている、いちのやにお気軽にご相談ください。
神奈川、東京を中心に査定料・出張費無料の出張買取、日本全国にて宅配買取にも対応しております。

いちのやの尺八買取のページはこちら