カマカ・ウクレレを買取いたします。

カマカ・ウクレレを買取いたします。
2020年1月6日

いちのやでは、カマカ・ウクレレを高価買取いたします。

本日は、「ウクレレの王様」とも呼ばれるほどにウクレレブランドとして名高い『カマカ・ウクレレ』をご紹介いたします。

■カマカ・ウクレレについて

カマカ・ウクレレ(KAMAKA UKULELE)は1916年にサミュエル・カマカがハワイ・オアフ島で創業した世界トップブランドのウクレレブランドです。
現在に至るまで確かな技術と品質を保ち続け、 ハワイアンウクレレの代名詞として人気と知名度を持ち、 世界的ウクレレ奏者であるジェイク・シマブクロさんなど多くの演奏家達に愛されています。
ヘッド部のKKロゴが特徴的なカマカウクレレは、音、見た目共に国内外で高く評価されており、ハワイでも在庫を置いている楽器店が少ないことで知られている貴重な楽器です。

『粗悪なものをつくるな。もし楽器を作ってカマカの名前を付けるなら品質を大事にしろ。』というサミュエル・カマカの言葉通り、 長年培われた技術を保ち続け、ハワイのクラフトマンによって、今日にいたるまで変わらない音が受け継がれています。

カマカがウクレレの王様とよく呼ばれる所以は、その音にあります。
ウクレレメーカーは数多くありますが、ハワイの美しいビーチと力強い太陽を思わせる心地よい音色が鳴り、ハワイアンの音楽に一番マッチするのがカマカウクレレの音の特徴です。
ロコ(現地の人)も、ウクレレの事をカマカと呼ぶほどカマカ・ウクレレはハワイの人々に愛されています。

■カマカ・ウクレレのモデル一例

HF-1:一番人気のソプラノウクレレで全てのモデルがハワイアンコアで作られている。
HP-1:カマカのシグネチャーウクレレでパイナップル材を使用。伝統的な八の字シェイプではなく卵の様な形をしています。
HF-2:ソプラノとテナーの中間に当たるコンサートウクレレ。アルトウクレレとも呼ばれます。
HF-3:安定感のあるサイズと豊かな音色を持つテナーウクレレ。プロのアーティストも良く使用しています。
HF-4:一番大きなサイズのバリトンウクレレ。ギタリストにも好まれるウクレレです。

・その他のモデル
「パイナップル・オールド(Pineapple Old)」「ゴールドラベル(Gold Label)」「オータサン・モデル(Ohta-san Model)」「ティキ・コンサート(Tiki Concert)」「ホワイトラベル(White Label)」「ケイキ(keiki)」「パイナップルゴールドラベル(Pineapple Gold Label)」「ゴールドラベルマホガニー(Gold Label Mahogany)」「ミニ・カマカ(Mini Kamaka)」「8弦テナーカスタム(8-Strings Tenor Custom)」「ソプラノ(Soprano)」「デラックスシリーズ(HF-1D,HF-2D,HF-3D)」「ロングネックモデル(HF-1L,HF-2L,HF-3L)」など

カマカウクレレ(Kamaka)のKKマーク

■カマカ・ウクレレの査定について

ウクレレの査定は、モデル、年式、使用感やネック反り、パーツの欠損など状態、カスタムの有無と内容などによって価格が決定いたします。また、ハードケースなどがある場合はプラス査定になります。買い替えやコレクション整理のため今まで使用していたウクレレを少しでも高く売りたい時には、お気軽にお問合せ下さい。

【カマカ・ウクレレの買取について】

いちのやでは、カマカ・ウクレレの買取に力をいれています。
カマカ・ウクレレの買取をご希望の際には、お電話(0120-274-888)もしくウェブサイトのお問い合わせフォームよりご相談下さい。
いちのやでは、出張費無料の出張買取と送料無料の宅配買取を行っております。査定費用などは一切かかりませんので、お気軽にお問合せ下さい。
カマカのウクレレの他、コアロハやマーティンなどのウクレレやその他楽器類の売却のご相談も大歓迎です。